民主商工会 婦人部のご紹介

 「ひとりぼっちの業者婦人をなくそう」「力をあわせて悩みを解決しよう」と婦人部が誕生し、業者婦人の「地位向上」に取り組んできた30年を超える歴史と実績があります。
 

集まって話しあって助けあう

仲間同士が集まって話し合い、商売のこと、暮らしのこと、子どものこと、親のことなど、なんでも気軽に話し合っています。女性だからこそ率直に語り合うことができるはずです。

経営に役立っています

 女性起業家を応援する「いきいきフェスタ」は、自慢の商品や製品の販売、商売の知恵と工夫の交流をしています。参加者からは「商売の原点に立ち返り元気をもらった」と大変好評です。
 
 また練馬中央支部あじさい班は記帳班会、上石神井関町婦人部と大泉北支部婦人部はパソコン会計を学びあっています。パソコンを使った班会では「請求書や帳簿が簡単になった」と喜ばれています。

腕が上がりました

 2008年には、手づくりギョウザ・新聞紙で作るコサージュ・包装紙で作る楊枝入れ・藍染体験など、母として妻として娘としてちょっと役立つ講習会がありました。



 

 高松支部婦人部では、小物作りや茶話会を行い親睦を深めています。右の絵手紙は高松支部の会員さんの作品です。

 

第一に、業者婦人の要求実現と、社会的・経済的地位向上に役割を果たします

第二に、民商・全商連の質・量を高める内容をもちます

第三に、政治を革新し、平和で豊かな日本の建設をめざす国民の力を強めます