【お知らせ】練馬民商の事務局が移転しました!

豊玉北から中村北へと移転しました。今までの事務所から千川通りを中村橋方面へ約100メートル歩いた所です。電話・ファクス番号も変わりましたので、ご不便をおかけしますが、よろしくお願いします。

 住所:練馬区中村北1-11-4メゾン練馬ビル202(マザー食品さんの上)
 電話番号:03-5848-9944/ファクス:03-5848-9964


  鉄道でお越しの際は、西武池袋線練馬駅の [西口] が便利です。
    

  • 西武池袋線練馬駅 [西口] 


白色申告者の記帳・帳簿保存について

 個人の白色申告者には、これまで原則として記帳義務がありませんでした。しかし、2014年(平成26年)1月から、すべての白色申告者には記帳と帳簿の保存が義務化されました。つまり、売上先・仕入先の名称、金額や、日々の売上げ・仕入れ・経費の金額等を帳簿に記載しなくてはなりません。 

 練馬民商では、簡単な会計ソフトを使っての帳簿づけから決算書の作成まで、丁寧に指導しております。
 各地域の支部や班、業種別など小グループ単位でも学習を行っています。
 年末調整・確定申告の学習書き込み会では、計算の仕方、記入の仕方などを学び合います。最後に民商が控除漏れや計算間違いがないかチェックするので安心ですよ。
 練馬民商では、自営業者の皆さんの所得税・消費税申告などのお悩みごとを強力サポート! 控除計算・税率・申告などでアタマの痛い皆さん! ぜひ 一度、練馬民商にお越し下さい。
 「自主記帳・自主申告」をすれば経営が見えてきます。税務署の調査が入っても自信をもって対応できます。練馬民商に入会して経費削減、商売繁盛! パソコンを使って毎日簡単帳簿づけ! 「税務署の調査」に備えましょう!

    

新着ブログ記事

RSS Feed Widget

「練馬民商に入って良かった!」の声をご紹介します

大泉南の会員Tさんは手抜き工事をされ、工事会社に抗議をしました。しかし、まともに取り合ってもらえず、困り果てて民商に相談。再度抗議を申し込んだ時に民商の名前を出し、アドバイス通り工事会社を問い詰めると態度が一変。手抜き部分をやり直してほしいという当たり前の要求が通り、全面解決しました。

Tさんからのコメント
  
 「相談して良かったです。本当に助かりました。民商に相談するメリットは専門家の意見が聞けることです。建築関係の会員さんからのアドバイスで知恵を貸してもらえたのが心強かったです」
  

税務調査を受けて不安な気持ちで民商を訪れた個人タクシーのAさんは、税務調査での心構えと過去の帳簿の整理方法の指導を受け、調査を受けた会員の経験談などを聞く機会もあり、準備万端、自信を持って調査に臨みました。調査対象年月と税額から見ると大勝利でした。

Aさんからのコメント 
 
 「本当に助かりました。民商の言うとおりやって良かったです。調査を受けた同業者は、民商に相談していなかったので私の何倍も税金を納めていました。民商のアドバイスと経験者の話で自信が持てたのが良かったと思います」
 
練馬民商事務局長のコメント 

 「税務署は個人タクシーには7年も遡る調査を押しつけています。調査は3年が当たり前です。納税者の権利をきちんと主張すること、統計などで課税する推計課税を許さないことです。学びあい、よく準備をすることが大事です」
   

練馬3丁目のSさんが勤める会社の社長が、法人税を滞納したまま死亡。社員に支払われるはずだった給料が税務署に差し押さえられてしまいました。困ったSさんは民商に駆け込んで相談。弁護士や税理士を紹介されて税務署と交渉した結果、無事給料を取り戻すことができました。 

Sさんからのコメント 

 「民商では地元の議員さんを紹介してもらえて相談できるのがいいですね。会員でもなかった僕がフラリと入っても親身に相談に乗ってもらえました。会員になれば弁護士や税理士の無料相談もあるし、困ったら一人で悩まず、ぜひ相談してほしいと思います」

全国商工新聞で日本中の会員が繋がっています

 全国の民商会員が読む商工新聞は、全国商工団体連合会(全商連)の機関誌です。全国の成功例が満載、経営と暮らしに役立つヒントが詰まっています。あなたの商売と暮らしを守るため、ぜひお読みください。(購読料:毎月500円)

▼経営プラス
3種の大豆を独自ブレンド=豆腐製造

▼相談コーナー
 競合店に差をつけたい 美容院の経営強化策は
 熊本地震で事実上倒産 退職従業員への補償は
▼視点
 パナマ文書と「租税回避」の闇
▼石川文洋の中小業者写真館(35) 漁業者を助ける出張修理

【連載もの】
▼ひとりでできる認知症予防(34)老後に備えて知的な蓄えを
▼ふるさとの城再発見(25) 特別編・熊本城(2)